Sweet Home

資産価値の高い土地の条件

同じ地域でも様々な条件によって土地の価格は異なります。夢のマイホームを建てるために土地を購入する方は、一生に一度の土地選びなのでどんな土地を選べばいいか不安ですよね。そんな方のために、資産性から見た良い土地の条件を解説します。早速ですが、資産性の高い土地の条件は「土地の形」と「前面道路」の2つです。

「土地の形」の理想は、正方形の土地です。縦長の長方形の土地や、敷地延長と呼ばれる旗竿型の土地は、正方形の土地と比較すると資産価値が落ちてしまいます。理由は土地の形が悪いと建てられる建物に制限がかかってしまうからです。

「前面道路」とは、土地が接している道路のことです。大きな道路に接している土地は資産価値が高いです。また、土地が道路に接している間口が広い方が資産価値が高いですね。「前面道路」との関係は、国が算出している不動産評価の基準となっています。そのため、2つの道路に接している「角地」は、資産性の高い土地ということが言えます。道路付けが良いと、日当たりの良さや駐車のしやすさにも繋がります。

土地はどのように探せばいい?

気になる土地の探し方ですが、不動産屋さんに相談をしましょう。今はネットで多くの情報が手に入りますが、不動産業界は古い気質も多く、ネットに公開せずに販売をしている物件が多く存在します。現在販売中の土地がなくても、不動産屋さんに探している条件を伝えることによって、条件に近い土地が販売に出た際に連絡を貰えます。土地探しは情報戦でもあるので、プロの力を借りましょう。

土地探しをする場合には、様々な方法で見つけられます。インターネットを使って検索するほか、直接不動産屋に行って聞いてみる、気になる土地を自分で歩いて探してみるのも有効です。