Sweet Home

住宅ローンは窓口相談せずに申し込める

カードローンなどの一部のローン商品は銀行や消費者金融などの窓口で相談せずに直接申し込むのが一般的です。しかし、住宅ローンの場合には窓口相談をしてからそのまま申し込み手続きをして、スタッフに最後までサポートしてもらうのが主流になっています。ただ、窓口で詳細の説明を聞いてから申し込むのは必須ではありません。金融機関によっては窓口で説明を受けるように強く促すこともあります。しかし、店頭に行って話を聞く時間を確保するのも大変ということもあるでしょう。その際には窓口で相談せずとも、電話で申し込みをしたいと伝えて、最小限の説明を電話越しで受けるだけでも問題ありません。

ただ、窓口相談せずに住宅ローンに申し込むのはデメリットがあります。

住宅ローンで窓口相談をせずに申し込むデメリット

住宅ローンで窓口相談をしないとローンの詳しい説明を受けたり、返済計画について提案をしてもらったりすることができないのがデメリットです。ローンを組むのが初めての人の場合には特に重要な点で、どのくらいの借り入れをしても大丈夫なのかを判断するのが難しいでしょう。金利をどのようにして選ぶかもよくわからず、決めらなくて困ることもあります。窓口相談をすると収入や生活スタイル、現在の借入状況などを加味して、どのような形で住宅ローンを借りると良いかを示してくるのがメリットです。その金融機関で取り扱っている住宅ローンの特徴も詳しく説明してもらえるので、ベストな商品を選んで借り入れを行えるでしょう。

住宅の建設費を左右する大きな要因は材料費と人件費です。ローコスト住宅は同じ部材を大量発注することにより、材料費を安く抑えることで、低価格を実現しています。