Sweet Home

工務店とハウスメーカーの違いを知っておくべき理由

注文住宅は自分たちの希望やニーズに合わせて、自由自在に設計できるのが大きな魅力です。とはいえ建築に疎い施工主の多くは、実際にはプロの建築業者に頼るケースがほとんど。したがって自分たちにとって理想の注文住宅を実現したいのであれば、建築業者の選び方が大きなカギを握ります。ただし一口に建築業者といっても、幅広く多種多様なタイプがあるので、注意が必要です。特に工務店とハウスメーカーの特徴には明確な差異が現れやすく、建築業者選びの基本として知っておくと便利でしょう。

地域の特性や建築コストを重視するなら工務店

まず工務店の主な特徴を挙げるならば、地域密着型で小規模という点に尽きます。このタイプの建築業者は何代にもわたって、「町の大工さん」として地域に定着しているケースが数多く目立ちます。そのため地域の気候や地理あるいは風習や住民層などをよく熟知しており、その土地にふさわしい住宅建築で強みを発揮する傾向があります。また工務店であれば独自のルートで資材や人材を確保し、中間マージンの発生も少ないことから、建築コストも低く抑えることが可能です。

安定した品質で工期も短縮したいならハウスメーカー

他方でハウスメーカーの主な特徴といえば、全国的な規模の大きさと品質の均一性、そして優れた量産体制と言えるでしょう。特に大手メーカーの中には自社で工場や研究所を完備するケースも多く、ここで最先端の住宅を開発したり、高品質な建築資材を大量に生産するなど、資本力やスケールメリットを遺憾なく発揮します。このため全国のどこで注文住宅を建ててもデザインや品質に偏りがなく、安定した家造りが実現可能です。また大量生産と工法のマニュアル化によって、工期の短縮や建築コストの削減といったメリットも見逃せません。

日本でも数少ない人口増加地域である福岡の注文住宅は、意外にもまだ地価が他の大都市に比べれば低いので自由度が高く自分の思い通りのおうちが建てやすいでしょう。