Sweet Home

「完全共有」で気をつけるべきこと

二世帯住宅を建てる際気をつけるべきことは、同居のスタイルに合った家を建てると言うこと。自分達の生活スタイルに合った家を考えることが大切です。二世帯住宅には「完全共有」「部分共有」「完全分離」の3パターンがあります。まず完全共有とは、個室以外の居間や水回り、玄関といった部分を共有するというスタイル。共有部分が多いので、建築費を抑えてスリムな住宅を建てることができます。ただしそれだけお互いに気を遣うシーンは増えるでしょう。特に生活リズムが違うと、生活音にもかなり気をつけなければいけません。

「部分共有」で協力しながら

完全共有よりはプライバシーを保てるのが「部分共有」です。玄関だけ共有、玄関と浴室だけ共有など、いろいろな間取りを選択することができます。世帯のふれあい時間を設けつつ、プライバシーも適度に保つことが可能です。反面共有部分と各世帯のプライベートスペースをどう分けるか、しっかり話し合いをする必要があるためまとめるのに時間がかかります。かと言ってここを適当に決めてしまうと、家が建ってからの生活が上手くいかなくなるので、調整は不可欠です。

「完全分離」でプライバシーを大切に

敷地は一つでも玄関は二つ設け、各世帯の独立した住まいを建築するのが「完全分離」です。一棟の建物を左右、あるいは上下で分けるやり方と、一つの敷地に建物を二棟建てるやり方あります。各世帯のプライバシーを保つことができ、ライフスタイルを変える必要もありません。とはいえ、各々の世帯ごとに設備が必要になるので、費用は割高になります。また、共有部分がないため広い土地が必要である点にも注意が必要です。

二世帯住宅を建てる場合、世帯間の共有スペースや玄関をどこに設置するかがポイントとなります。世帯間が暮らしやすいように設計しましょう。